月1回の渋谷の薬膳料理教室

腸を整えてセルフメンテナンス力つけるブログ

桃の効果

久々の投稿。

 

最近はもっぱらブログを読む側で、皆さんの投稿で勉強させてもらっていました。

 

だからと言ってすぐに私の文章力が上がるわけではないけど。。。

 

最近知人から沢山の桃が送られてきたので、ここで桃の効果を薬膳の目線からご紹介してみます。

 

 「桃」の旬は今で、夏に採れる食物にしては珍しく体を温める効果があります。

でもこれって薬膳の考え方。

 

この前アーユルベーダの先生とお話しする機会があって、アーユルベーダから見た桃の効果はまた違うものだったのが面白いところ。

アーユルベーダだと、体の熱を排出する効果があるそう。

熱を排出っていうことは、体を冷ますってことだものね。

 

薬膳では逆で、体を温め、血行を促進。

胃腸の働きを高める果物です。

また、体を潤す作用があるので、潤いが無くなって便秘気味なった腸の調子を整えてくれる。食物繊維も豊富なのが良いところ。

腸が整うとおのずと肌も綺麗になるから、美肌効果のある果物でもあります。

 

中国では「長生きの実」とか「仙果」なんて呼ばれて、邪気を払う果物として重宝されたそう。

日本でも「桃太郎」が桃から生まれたとされるのも、桃っていう果物の生命力からなのかしら。(これは個人的な意見です)

 

f:id:mitasu-mitasu:20190819191006j:plain

開けた瞬間から甘い香り

桃の種が「桃仁 トウニン」という生薬で、女性ホルモンを整える効果のあるものになっています。

気と血の巡りを良くするので、月経不順にも効果的。

桃の果実もそうですが、桃仁にも老廃物を輩出してくれる効果があるので、

女性には嬉しい果物の一つですね。

 

綺麗に皮を剥いて、お皿に並べて食べるもの美味しいけれど、

個人的には台所でかぶりつくのが一番好きな食べ方。

 

ちょっとお行儀悪いけどね。