月1回の渋谷の薬膳料理教室

腸を整えてセルフメンテナンス力つけるブログ

冷たいものの摂り過ぎで胃腸が弱る!?

今 口にしたものが、次の季節に影響してくるとしたら、

少し気になりますよね。

 

今年も蒸し暑い日が続き、今日みたいに「まるで地球がサウナ」

状態だと、冷たい飲み物についつい手が伸びてしまいます。

 

中医学では夏に冷たいものを摂りすぎると、秋になって胃腸が弱ってしまう

と言われています。

f:id:mitasu-mitasu:20190820180319j:plain

体が熱いんだから、冷たいものを飲めば体は冷える・・・と思われがちですが、

キンキンに冷えたものを体内に入れると、まずその冷たいものを消化器で体温近くに

上昇させます。

それってすごく大変なこと。

 

エアコンの室外機を想像してもらうと分かりやすいけれど、

物凄く熱い外気を吸い込んで、室内に冷たい風を送るにはエネルギーを使います。

それは体内でも同じこと。

 

体温まで上げるために消化器系がエネルギーを通常よりも使うことになって、

やがて疲労していくんです。

 

その疲れが出てくるのが、秋ということです。

 

コーヒーや緑茶は体を冷やす効果があるので、暖かい状態で飲んでも

体は冷えていきます。

胃腸に負担をかけずに済むんですね。

 

ただ、もともと冷え性の人なら飲み過ぎには注意です。

温かくしているからと言って、体を冷やす効果の飲み物を大量に摂って

しまっては逆効果です。

気を付けましょう。

 

胃腸が弱った時に私が良く作るのはスープ。

消化の負担が少ないので、胃腸の不調回復に効果的です。

f:id:mitasu-mitasu:20190820182232j:plain

かぼちゃのスープ

ちなみにかぼちゃの種には、動脈硬化を防ぐ効果があると言われています。

 

個人的には仕事の帰り道で、歩きながら飲む冷たいビールが好き。

お行儀悪いけどね。