ようこブログ セルフメンテナンスの花道

自己治癒力を上げるのに役立つ情報を届けたい!

ファスティング後の変化

セルフメンテ中、ようこです。

 

3日間のファスティングも終わり、回復期2日目。

回復期は3日間、3食ともお粥が良いと言われ、

初日におかゆを食べた瞬間、お腹がゴロゴロゴローーーーーー。

 

トイレに駆け込みました。

 

ファスティング後にお腹が緩くなる人多いそうです。

これが宿便と言うのもでしょうか。

 

お粥とは言え、急に固形物が入ってきてお腹もビックリしたでしょうね。

今もずっとギュルギュル言ってます。

 

ファスティングをすると、腸内の善玉菌も悪玉菌も飢餓状態になります。

だからファスティング明けの食事がすごーく大事。

善玉菌の喜ぶものを入れてあげないとですね。

せっかくリセットしたのだから。

 

初日は「カブのお粥」

f:id:mitasu-mitasu:20200402210629j:plain

少しのお塩も染み渡ります

ファスティング中に冷え冷えになった体が、一気に温まりました~。

 

ちょこっと醤油を垂らしてみたんですが、目茶目茶しょっぱく感じて、

味覚も嗅覚も敏感!

これならコロナに感染していないかも。

 

ファスティング後の体の変化

・目覚めがとにかく良い

・感覚が鋭くなる

・胃が小さくなって、そんなに食べなくても満足

・肌が綺麗

・痩せる

 

ファスティング後の心の変化

・とにかく心が穏やか

・凝り固まった思いの手放しができるようになる

また私個人の奥底の物の変化は、

・母への怒りの感情を直視できるようになった

・何度も同じ話をする母(認知なので)の話を、怒らず聞くことができる

・母に優しくしたいのに、優しくできない自分の攻めるのをやめる

など。

あ、でも同じものを沢山買ってきてしまうことには怒っちゃう・・・

でも前ほどじゃないかも。

 

今日は近所のスーパーまで散歩がてら、一緒に歩きました。

あとどのくらい、こうして一緒に歩けるんだろう。

 

【今日の気づき】

母もただ一人の人間

 

親ってどうしても、完璧だとか聖人のような位置づけで見てしまいますが、

ただの人間なんですよね。私と一緒の。

だから間違いもするし。

母にもお役目があってこの世に降り立ったのだなぁ・・・と。

 

何はともあれ、せっかくリセットしたこの腸、

今日から血流増やす始まりとします。

 

 

 

今日の気づき3/31

セルフメンテ中、ようこです。

 

ファスティング2日目、昨日の便秘も今朝は解消。

ファスティングをすると、急に食べ物が入ってこなくなったことに

身体が驚いて、栄養を溜め込もうとして便秘になるって以前聞いたことが

あるけど、それなのかな?

 

酵素ドリンクのお陰で、空腹感には特に襲われることもなくホッ。

ただ、めちゃくちゃ体が冷えてます。

常温の水に酵素を薄めて飲んでいるのですが、やはり外も寒いせいか、

体の中まで冷え冷え。

普段の食事って、食べるだけで熱を発してくれていたんですね。

 

白湯は飲んで良いそうなので、ブログ書いた後に飲んでみようと思います。

 

【今日の気づき】

 

「案外食べなくても大丈夫」

 

今までは朝起きたら朝ごはん食べるのが当たり前で、

昼になったらお昼ご飯。

食後のデザート、そして晩御飯。

夜友達と飲みながらの食事になると、

腹12分目まで食べちゃうし、挙句の果てには夜中のお菓子。

 

お腹がそんなに空いていなくても、時間だから食べる

そんな生活だったんですね。

前のブログにも書きましたが、

空腹感だけで食べていました。

 

お腹がいっぱいでも食べてしまうのは、まさにストレスの解消法です。

ストレスを食べることで癒していたんですね。

でも体の中は癒されていないんですけど。

 

あと、もう一つの気づきは母に対しての怒りの感情

家庭の事情から、良い子ちゃんで過ごしてきた40うん年。

それが耐えられなくなって、、

ここ最近、高齢の母親にものすごくきつく当たっていました。

ちょっと認知も入っているので、母が出来なくなった事に対しても

怒ってしまったりしていました。

怒りの感情の裏側にあるのは、本当は愛されたいという感情。

 

うちは兄と私の2人兄弟ですが、母はいつも兄を特別扱いしていたので、

私は良い子でいないと好かれないって、間違った学びをしてたんです。

その間違った学びから、DVの夫を選び、いつでもいい妻を演じていました。

 

瞑想を始めてからそれらの問題と向き合うようになり、離婚。

で、実家に戻って母親と暮らすことになったのですが、

いろんな問題の原因の原因が母。

これと向き合う時間が今来てるんですね~。

 

一昨日、母が友人と電話で話している声が聞こえてきて、

「娘は怖い、お兄ちゃんは優しいけどうちにに来ないから」

思わずカッとなって、また母に当たってしまいました…

これもホントは愛情が欲しいだけなんですよね。

 

ファスティングをする前から薄々気が付いてはいたけれど、

見ないようにしていた事に、目を向けられるようになりました。

ファスティング様様。

 

今日はちょっとした愚痴になってしまいましたが、

体の中も心も環境も整えることが、セルフメンテナンスにつながりますね。

 

これからも楽しみながら進めていきます。

 

読んでくれて、ありがとうございます。

 

あ、今日は母に優しく接することができました。

f:id:mitasu-mitasu:20190831220443j:plain

こんな青空みたいにスッキリしたい

 

腸の掃除と部屋の掃除

セルフメンテ中、ようこです。

 

自宅待機中の良い機会なので、今日から3日間のファスティング始めました。

 

酵素ドリンクを1日2リットル飲むだけ。

ベリー系の味なので、甘さもあって空腹に耐えられなくなることはありません。

 

私が今まで実践していたのは、堀江昭佳さんの本の内容に沿ったものでしたが、

今回はまた別。

 

先日、ちょっと怪しい人たちの集まるセミナーに参加。

もともと警戒心が強いだけに、セミナールームに入るなり、

余りの怪しさに自分のシャッターも下ろしてしまいましたが、

お話の内容はいたって普通で、ファスティングをして、

腸内を一度リセットするというもの。

 

スピリチュアルな人達の集まりでもあったので、ちょっと怪しく感じてしまったんですね・・・。でも私もスピリチュアル好きなので、結果かなり面白い話でした。

 

お話では4月はデトックスの時期なので、1日から始めると良いと言われましたが、

4月の予定的に夜の食事予定が入っているため、今日からスタートです。

それと同時にやることを勧められたのが、断捨離

体内だけでなく、住まいの環境も溜め込んでいる場所は気が悪くなるので、

宇宙から良いエネルギーを受取り辛くなってしまうそう。

 

確かに。

 

私は今母親と暮らしているのですが、この母がゴミ屋敷を作ってしまうので、

自分以外の家族の物はどうしたら良いかも、質問してみました。

その答えは、

家族(他人)の物は、他人のエネルギーなので関係ないので大丈夫。

とのことでした。

これを聞いて一安心。

共有スペースが母の物で溢れているのを見るのはかなりのストレスだけど、

とりあえずは自分の部屋と持ち物の断捨離をすることにしました。

 

もともと断捨離好きの私でも、ちょっとずつ溜まっている物ってあるんですね。

携帯の写真、使っていないアプリ、電話帳・・・などなど。

ポイントカードなども意外といらないものありました。

洋服も少しばかり。

 

ファスティング1日目に感じる体調の変化は、

・やたらと眠い

・目がかすむ(年のせい?)

 ・なぜか便秘

 

ファスティングをすると、感覚がより鋭くなるとのことでした。

人間飢餓状態の方が、本来の能力を発揮できるんでしょうね。

出来る人は14日間のファスティングですが、これをすると他人の臭いや空間の臭い、

味などの感覚が敏感になり過ぎて生きづらくなるそう。(私は3日で十分)

私にこの酵素を勧めてくれた知人は、ファスティングが気持ち良くなってしまって、

5日間続けた言っていたので、14日できるタイプかもしれませんね。

 

今回のファスティングでスピリチュアルとか関係なく、人間本来の能力「自分の体の声を聞く」ことがよりできると良いと思っています。

 

体内のファスティングと部屋の断捨離、良い組み合わせです。

f:id:mitasu-mitasu:20200329211837j:plain

ベルルミエールの酵素とケイ素のお水

 明日以降の変化が楽しみ。

 

 

魚は売ってました

すっかり1日2食の生活が丁度良くなってきました。

 

1週間の夕食断食をした後も、夕食を摂らない生活が私の体には楽で、

会食の約束がなければ、ほぼ夕食を摂らない生活が普通になってきました。

 

その分、他の食事で(朝と昼)食物繊維やタンパク質などのバランスをしっかり摂っています。

良く咀嚼する事も続けていて、その結果腹12分目まで食べていた以前とは違い、

8分目で自然と満足するようにもなりました。

 

自分の体に起こっている変化がものすごく実感できるので、

やはり食べ過ぎがいかに人間の体に悪影響を与えているんだと

少し恐怖さえ感じるようにもなってます。

 

昨日の小池都知事の会見で、この週末の不要な外出の自粛要請が出て、

今日普通にスパーへ出かけたら、肉やお米、缶詰からカップラーメンに至るまですべてスッカラカン・・・・

レジは長蛇の列。イライラする人々のの異様な感情。

世知辛い世の中になりましたね・・・

 

だけどお魚コーナーは特に変わらない品ぞろえ。

調理の手間や、レシピが思い浮かばない人が多いのか。

足も早いですしね。

イワシが安かったので、ゲット。

昨日のマッシュルームとジャガイモのバルサミコ酢和えが冷蔵庫に残っていたので、

それをマッシュにし、塩コショウを振ったイワシに溶けるチーズと一緒にサンド。

小麦粉&パン粉を付けてオリーブオイルでカラッとコロッケにしました。

 

ワカメのお味噌汁(海藻たっぷり)

切り干し大根とパプリカのペペロンチーノ

厚揚げのクリームチーズ乗せ。

白米

デザートのオレンジ

 

ありがたくいただきました。

f:id:mitasu-mitasu:20200326205233j:plain

ジャガイモとチーズのイワシサンド

 

毎日出すものだから

毎日出すものっていえば、、、

 

そう

 

うんちです。

 

食べたら、出る。

 

本来はこれが当たり前。

 

ですが、色々な要因から便秘や軟便の人が急増。

 

夕食断食をしてからまず朝の目覚めが良くなり、

 

最近の変化と言えば、うんちにも変化が出てきました。

 

「すべては血流が解決する」の本の中で面白いと思ったのが、

「食物繊維をたくさん含むうんちはぷかぷか浮かぶ」

 

えーーーー、そんなわけないでしょ。

 

って初めは信じていなかったけれど、なんと最近は

 

ぷかぷか浮かんでいます(笑)

 

そしてタイミングは朝食後、もしくは朝の白湯を飲んだ直後に

速攻でトイレに行きたくなるくらい、腸が動くように。

 

ちなみに私が良く摂るようになった食物繊維の豊富な食材は

 

「海藻」

 

お味噌汁やサラダは勿論、

醤油とお酢でさっぱり煮付けたり、のりを納豆に混ぜたり。

 

毎日スッキリ出ると、毎日が気持ちよく過ごせますね。

f:id:mitasu-mitasu:20200316191557j:plain

春ワカメが美味しい季節

 

今朝

今日は朝から暖かいですね。

 

今朝の朝ごはん

・鶏引き肉団子入りうどん

・海藻サラダ

・オムレツ

 

1週間の夕食断食すると、お昼ごはんでその日の食事が終わるわけですが、

翌朝だいたい7時か8時くらいまで空腹状態を続けると、

腸内細菌も飢餓状態になるそう。

(それでもまだ腸内には残った食べ物があるのですが)

 

善玉も悪玉も飢餓状態で少し弱っているところに、

食べる食材は、食物繊維がおすすめだそう。

善玉菌を増

やすチャンスなんですね。

 

理想は、

・玄米ご飯(お粥ならなお良い)

・お味噌汁

・野菜の煮物 など

 

避けたいのは、

・肉など脂肪分の多い食材

 

朝から玄米のお粥を作るのは少しハードルが高いですが・・・

 

ファスティング後も回復食はお粥やスープですものね。

 

とにかく胃腸に負担のかからない食事にするように心がけて。

 

食物繊維の主な効果は、

・胃腸で身分を吸収するので、中で膨張して腸を刺激

・胆汁酸やコレステロールを吸着して、体外に排出

・ベタベタとくっつく特性で、腸内を移動する速度が遅い

 よって、腹持ちが良い。

・大腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やす

 

私はまだ胃腸が弱いので、余り食物繊維を取り過ぎると、

ガスが発生しやすくなってしまいます。

特に玉ねぎ、イモ類、ブロッコリーなど。

なので、胃腸を回復させる漢方薬も欠かせません。

 

免疫力を上げる食材って、食物繊維をはじめ

メディアなどでもよく紹介されるけれど、

その取り入れた物をしっかり吸収できる身体じゃないと

全然意味がないんですよね。

「あー、美味しいなぁ・・・」

って吸収されずに体外に排出・・・・

 

免疫力を上げるためにも、まずは胃腸を整えましょう。

 

まだまだメンテナンスの日々は続きます。

 

f:id:mitasu-mitasu:20200222084013j:plain

それ、私の仕事場なんですけど・・・

 

食べ過ぎと心の関係

お腹いっぱいなのに食べちゃう理由。

 

食後、お腹いっぱいなのに

まだ食べちゃうことってありませんか。

 

美味しいご飯だともう少しお替りしちゃおっかな・・・とか

食後のデザート食べたけど、スナック菓子ボリボリ食べちゃうとか。

 

身体は「おなかいっぱいだよー」って教えてくれるのに

食べちゃうことってありますよね。

しかも食べだすと止まらない。

 

私も以前はこんな感じ。

ただでさえ胃腸弱くて、消化に余分なエネルギーを使うのに、

ダラダラと食べ続けちゃう・・・・

そして罪悪感に襲われる。

 

これって心理的な要因があります。

ストレス

この一言で何でも片付けるのは好きではありませんが。

でも抱えている何らかのストレスにより、食べることで解消しようとしています。

 

前に瞑想のスクールの中でのこと。

お腹いっぱいでも食べ続けてしますのは「愛情不足」だと。

よく言われるのは、過食は「母親からの愛情不足」

そして逆に拒食は「母親からの過干渉」

 

私にはとても思い当たることがありました。

私は母から一度も褒められたことありません。

また、私の話を聞いてもらったこともない。

何か私の話をすると「お母さんはね・・・」と

何でも自分の話題に持って行ってしまう(笑)

 

 

身体の調子に関しても

私 「今日は風邪ぽくって具合悪いんだ」

母 「お母さんも喉痛いし、腰痛いし、痛くて痛くて」

人生で一度も大丈夫?などと言われたことありません。

 

何でも自分の話に被せちゃう人って究極の負けず嫌いなんですけど、

この話はまぁ置いといて…。

 

母親に限らず、愛情不足で過食になってしまうことって

本当はものすごく多いのだと思います。

何か満たされない気持ちを、食べることで満たす。

そうやってバランスを取ろうとしているんでしょうね。

 

 

でもこれは一時的なもので、体は本当は苦しいはず。

ちょっと休ませて・・・と思っているはずです。

 

中医学で「甘」味は「脾」を癒すものでもあります。

ちょっと甘いもの食べるとホッとしたりしますもんね。

でもやっぱりそれは適量が大事。

食べ過ぎは副作用が付きまといます。

また五行陰陽説の五情では「脾」は「思」と繋がっています。

これって考え過ぎちゃう人とかが当てはまって、おみ悩み過ぎる人が

脾を弱めてしまう傾向にもあるんです。

弱めてしまうのに、自分のことから目をそらすと

食べることで満たして見ないようにしている。

 

自分が何に満たされたいと思うのか、

自分が愛されたかったんだ

と気づくことでこの過食が治まることあるですよ。

 

かつての私がそうだったように。

 

今更、母親を責める必要ななくて、

ただ自分が欲しかったのが「愛」だと知る、

母親も一人の人間、ただの一人の女性だんだ。

親として未熟で学びの段階なんだ・・・

と気付くだけで変わりました。

 

だから、同じく食べ過ぎてで悩んでる人も、

今抱えている自分の状態に気付いてみるだけで、

食べ過ぎなくても良い事に気付くはずです。

 

瞑想を始めたばかりの頃に、自分がいっぱい我慢をして

良い子ちゃんを演じてたことに気が付いたのを思い出して

ブログに書いてみました。

 

食べ過ぎで胃腸に負担をかけて、血流を悪くしていたことにもつながっていたんですね。

 

全部が今繋がり始めて、面白い今日この頃。

 

 

 

 

血流を良くすることは

セルフメンテナンス生活を本気で始めて、

1か月過ぎたようこです。

 

堀江昭佳さんの「血流がすべて解決する」を読んで、

それを実践して1か月ちょっと。

 この本で大切にしている「胃や腸」をきちんと整えることで、

血流が良くなり、心も体も良くなっていく

(ちょっと大雑把な説明ですが)

というもの。

 

食べたいものを無理に諦めてストレスを溜めながら実践するのではなく、

「正しい食べ方を学ぶ」

と言うことなんです。

 

その最初の一歩が、「空腹を作って腸を綺麗にする」です。

 

堀江さんの本にはまず1週間夕食を抜くと書いてありましたが、

私はこの生活が合っていて、早1か月たちました。

 

この1か月でとても良く分かる変化と言うのが

「朝の目覚め」

今までは、しっかり8時間寝たはずなのに、

起きたらまだ疲れている。

まだまだ布団の中でウダウダしてたい。

そんな感じだったのに、今ではシャキッと起きれてます。

起きた時の爽快感。

これってこんなに幸せな感じだ・・・

すっかり忘れてました。

 

自分も薬膳の学校に通って、それなりの勉強をしたけれど、

根本から体を良くするということを間違えていたことに気が付いて・・・

 

本の中では血が入れ替わるまで4か月かかると書かれています。

(赤血球の寿命が120日といわれているため)

だからすぐに良い結果は出ないけど、

私の目覚めが良くなったように、

少しずつ分かる変化もあります。

 

だから少しずつブログでアップしていけたら良いな。

 

最後まで読んでくれて、ありがありがとう。

f:id:mitasu-mitasu:20190831220443j:plain

 

 

血を作れる体になる

こんにちは。

 

本気でセルフメンテナンス生活1か月が過ぎた、ようこです。

 

ここ最近は血流のことについてブログを書き始めていますが、

今日は「どうしたら血流が良くなるか」と言うことについて書きたいと思います。

 

前回のブログでも書いたとおり、血流を良くするということは、

血の量を増やして、たっぷり血管を流れる状態を作るということです。

 

私たちは食べた物から栄養を取り、各臓器や細胞にそれらの栄養を送ります。

その栄養たちは血液に乗って運ばれるんです。

だから毛細血管の先や皮膚の隅々まで栄養を送るには、とにかく血液の量が大事です。

 

そしてここでどうしたら血液を増やせるか・・・ですよね。

 

それは消化器系、中医学五行説で言うと「脾」の部分がカギとなります。

 

この「脾」の働きが低下して、食べた物をしっかりと消化できないと、

体に良い血液も作ることができません。

現代人(女性が多いですが)は、血が不足している人がほとんど。

特に女性は生理により、血が不足しやすくなってしまいます。

 

不足した血量をお互なわなければいけないのに、血を作ることができず

様々な不調が出てしまっています。

 

その原因は食べ過ぎにより「脾」の力が落ち、消化できないからなんです。

せっかく体に良いものを食べても、消化しきれなければ栄養を作れません。

=血液を作ることができない=血流が悪い、と言うことです。

 

そこで必要なのが「空腹」なんですね。

食べ物を入れずに、消化器系を休ませてあげるんです。

 

最近人気のファスティングは、ダイエット目的も多いですが、

しっかり胃や腸を休めることで、体調を整えるというものです。

 

私も以前はストレスから、四六時中お腹いっぱい食べていました。

その結果急激な低血圧を引き起こし、自転車をこぎながら寝てしまう・・・

なんて危ない状態でした。

そんな時、堀江昭佳さんの本と出会い、空腹を作る生活を実践したことで

劇的改善しはじめたんです。

 

だからもし私と同じ症状や、不定期愁訴なんかで悩んでいる人がいたら、

是非試してもらいたいと思って、ブログ書いてます。

 

やっぱり朝目覚めた瞬間から調子が良いのって、一日気分が良いですものね。

 

 また次回、この続きを書きたいを思います。

読んでくれて、ありがとう。

 

f:id:mitasu-mitasu:20200227213141j:plain

寒い日には粕汁で体を温めよう

粕汁に入れた 鮭には、体を温め、脾を労わってくれる役割があります。

 

血流を良くするとは

こんにちは。

 

セルフメンテナンスに取り組む、ようこです。

 

今は血流を良くする取り組中。

 

「血流を良くする」とは、

「血をサラサラにする」ことではありません。

「血流を良くする」=「血の量を増やす」です。

 

血が少ないから、血流が悪いということなんです。

 

ホースで例えると、蛇口を少ししか開かず、

水がチョロチョロとしか出ない・・・・

流れが悪いですよね。

逆に蛇口がしっかり開いて、水が豊富にあると・・・

流れも良い!

これです。

 

体の中でも同じことが起きていて、流れる血の量が少ないから、

血流が悪いんです。(何度も言います。)

 

だから血の量増やす、質の良い血を増やすことがまずは大切。

 

※高血圧や糖尿病などの生活習慣病のある人には、

血をサラサラにすることが大事になります。

f:id:mitasu-mitasu:20200223221144j:plain

春の旬 菜の花の辛し和え